ローストチキン、ローズマリー風味とジャガイモの付け合せ

材料

チキン         骨付きモモ 2本
あら塩         適量
ローズマリー     10cmぐらいを4,5本
ガーリック       2かけ 
オリーブオイル

じゃがいも      中2個
パセリ

お好みでクレソン、トマトなどの彩りを
  

作り方

ローストチキンローズマリー風味
  • チキンは骨にそって包丁を一筋入れて火の通りをよくし、均一に火が通るようにし、そのチキンと骨の溝にローズマリーを一本詰め、あら塩を少し多めにこすりつけておきます。コショウはしません。
  • フライパンにガーリック1かけを4割ぐらいにしたものと、ローズマリー1本をオリーブオイル大匙2で弱火で少しガーリックに色がつき始めるまでゆっくり香りを出す。
  • 中火強にして、チキンを焼き始めます。チキンの皮面を下に入れて、途中、先に入れたガーリック、ローズマリーは焦げてくる前に取り出します。
    なるべくチキンは動かさず、上からヘラなどでギュウギュウフライパンに押し付けて、皮を均一にパリパリにきれいな焼き色をつけていきます。 チキンから出てくる油はまだふき取りません。焼き色がきれいにつきます。
  • 中火にしてチキンの裏も焼いていきます。 この時、残りのガーリック、ローズマリーをチキンの下に引きます。ここでフライパンに出てきた油をキッチンペーパーで吸い取ります。
  • 中まで火が通ると出来上がり。火が通ったかわからなければ、爪楊枝を一番肉厚なところに差して、透明なジュースが出てくれば出来上がり!
  ジャガイモの付け合せ
  • ジャガイモはよく洗って皮付きのまま食べやすい大きさに切って、耐熱皿にのせてラップをかけて(ラップには空気穴を開ける)、レンジで3分。
  • フライパンに少し多目のオリーブオイルを(大匙3,4ほど)中火で熱し、ジャガイモをいれ、ゆっくり揚げ焼きにしていきます。
  • 中まで火が通ると、キッチンペーパーで余分な油を吸い取り、塩とパセリのみじん切りをまぶして出来上がり。
  
好みで、チキンにレモンをかけたり、クレソンやトマトを彩りに添えたりしてみてください。

このローストチキンローズマリー風味は、私が一番好んで作るチキン料理。
チキンの種類は骨付でなくてももちろん大丈夫、開いたモモ肉の方が焼きやすいですね。
骨付きの場合、4本ほど焼くとフライパンの中でチキンの骨が当たり合い、身がフライパンにぺったりつきにくくなかなか焼きにくい…是非2本ずつ、分けて焼くのをお勧めします。

ガーリックとローズマリーは二回に分けて入れることで、香りがきつくつきます。
チキンを焼くとき、裏返して中まで火が通るようにフタをすると、せっかくの皮のパリパリがべったりしてしまいます。チキンを焼くとレンジ周りに油が飛んでベタベタになりますが、フタはしないほうがおいしく出来ます!
焼き時間ですが、私はチキンの骨付きモモ肉だと、皮面で15分。裏面で約10分。焼きすぎると硬くなりますからね。

ジャガイモは北あかりを使用しています。
このジャガイモは肉じゃがやカレーなどの煮込みには煮崩れてしまい不向きですが、焼いたりそのままふかしたりするとほっくりしてすごくおいしい!
レンジでチンするのは約時間を短縮するためです、生から焼く場合はじっくり火を通してください。

クリスマスパーティーなどにぴったりな料理ですね。
先に焼いておき、時間に合わせて、オーブンで温め直すと便利です。